スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

18日目。鍛えてますです!

4月2日(日)

はい、本日も張り切ってまいりましょー!(睦月ちゃん風に)

今日は縄文杉を見に行きます!午前3時に起きて準備をして午前4時のバスに乗るよ!

さてさて、今日のお天気はどうかなー?

ザーッ(迫真)

やめてくださいよホントに…。

雨降ってるじゃないですかやだー!天気予報晴れだったよね?ね?

もぅマヂ無理、ふて寝しょ。

朝7時頃には快晴となっている。

…オゥ。

屋久島はスコールが多いらしく。晴れていたと思ったら突然雨が降り、また晴れるなんてことがしょっちゅうあるらしい。

まあ、縄文杉はもう無理なんで白谷の方から行くことに。

バス停までちょっと歩かないといけないんだよなーと思いながら仕度をすると、同じ宿に泊まっていたご家族さんがバス停まで車で送ってくれるとのこと!

感謝…圧倒的感謝!!

しばし私が旅に出た理由なんかを話しながらバス停まで送ってもらう。ありがとうございました。

ちょうどいいタイミングでバスが来る。

バスは白谷に向けどんどん高度を上げていく。
IMG_5859.jpg
チョッww観光案内所のおねーさん、こんな坂を私に登れと言ってたんですかw
どう見ても私の体力じゃ無理でしょw


白谷雲水峡入口で下車しいよいよ山歩きスタート!
IMG_5983.jpg

久しぶりの登山道にテンションも上がる。
IMG_5860.jpg

マイペースに進んでいく。
IMG_5861.jpg
やはり自然の中を歩くのは気持ちがいい。


IMG_5863.jpg
そして、登山よりも自転車漕いでる方がしんどいww


ここ、白谷雲水峡はもののけ姫のモチーフになった場所でもある。

モチーフとなった場所は苔むす森と太鼓岩らしい。

とっとこ歩いているとくぐり杉なんかの見どころが出てくる。
IMG_5872.jpg
いいね、こういうのでいいんだよ、こういうので。


山を歩いているときはね、誰にも邪魔されず自由でなんというか救われてなきゃあダメなんだ。独りで静かで豊かで…(ボッチって言ったやつは制裁)

だんだんと緑が深くなってきた。
IMG_5870.jpg


IMG_5878.jpg


IMG_5865.jpg
この辺りから苔むす森に入っていく。

ふむ、確かにコトダマとかオッコトヌシ様とか居てもおかしくない雰囲気だ。

太鼓岩の分岐点までくるとここから太鼓岩までが急登となるが、まあ、大丈夫。

登りきるとそこには太鼓岩が!!
IMG_5887.jpg
…えっ?なんか小さくない?もっとでっかいのがドーンとあるんじ「黙れ小僧!!」

アッ、ハイ。
完全にもののけ姫のモロ達の住処をイメージしてたから拍子抜けだよ。

だが、標高もあるし景色もいいのは確か。

人も少ないから先端の方に座ってみたり。露骨なガルパンおじさんアピール!!
DSC00761.jpg


DSC00763.jpg
景色を満喫していると後から人がどんどん来るのでそそくさと退散。

少しの間でも景色を独り占めできたのはよかった。

さあ、あとは下るだけだが、同じルートを往復するのもなんだし、帰りはルートを変えてみよう。

こちらの奉行杉ルートの方が整備されてなくて原生林的な感じがする。
IMG_5945.jpg


IMG_5880.jpg
ええぞ!ええぞ!

自然の中を歩いていると気持ちが晴れてくる。
IMG_5942.jpg


IMG_5874.jpg
この辺りから自分のネガティブな考え方を改め始める。

自分のペースで下山し、バスを待つ。

え?バス1時間後?風が強くなってきて寒いんですがまじかよ。

仕方ないので待合所で待機。東屋なので風がダイレクトアタック!

自分が乗るバスと違うバスが停留所に着いたときに、隣に座っていた韓国系観光客に英語で話しかけられる。

ちょちょちょ!私、英語できないよ!

ただ、何とか聞きたいことが分かるレベルだった(手に私と同じ1日乗車券を持っていたので乗るバスが今来ているものかどうか聞きたかったらしい)のでほぼジェスチャーで伝えた。

めっちゃ緊張した。何とかなってよかった。

お目当てのバスが来て、乗って帰るころには午後16時。

もう行動できないので夕飯と明日の縄文杉に持って行く食料を買って宿に帰る。

中々自然を満喫できた1日だった。明日も晴れるといいなー!(また降り出したスコールを眺めながら)

移動距離:0km(屋久島にいる間はパンタ君お休みです)
移動時間:0時間(同上)
使用金額:3146円(白谷雲水峡行きバス往復:1100円、白谷雲水峡入場料:400円(クーポン割引100円を使用)、その他飲食物:1646円)

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

響鬼で見たことある光景ですね!
ところでこいつは赤く塗らねぇのか?(バチの柄を差し出しながら)

英語で話しかけられたときはとりあえず「Please speak slowly.」とお願いするといいかもですよ。

Re: No title

コメントありがとうございます!自分もメダロット1~4世代です!
響鬼の和風テイストいいですよね!私は劇場版の歌舞鬼が特にお気に入りです!

英語で話しかけられてもテンパらずに対応できるようにしたいものです。
プロフィール

ナオユキ@旅するガルパンおじさん

Author:ナオユキ@旅するガルパンおじさん
旅行が好きなフレンズ。ガルパンおじさん/エアプ提督/シンクロ次元民
2017年3月より自転車で日本一周します。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセス
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。